効果が期待できる長野県外来が処方する禁煙補助薬

タバコは多くの銘柄がある嗜好品で、成人男性の喫煙率が80パーセントを超えていた時代もありました。しかし、健康に対して深刻な悪影響を及ぼす物質が含まれていることが判明したために、現在では禁煙への取り組みは世界的に行われている様な状況となっています。

また、非常に有効な禁煙補助薬も開発されており、医療機関で処方されています。この禁煙補助薬は、ニコチンの代わりにアセチルコリン受容体と結合して、ドーパミンを少しだけ分泌するという内容です。これにより、タバコを吸っても気持ち良く感じなくなり、さらに吸わなくても苦しむことがなくなります。ニコチンの作用に対抗したもので、どのような銘柄に対しても効果を発揮します。

長野県外来でも禁煙補助薬の処方が中心であり、スタートから12週間の間は健康保険が適用されます。費用は3割負担が19,000円で、1割負担であれば6,400円です。つまり、どのような銘柄のタバコよりも1日当たりの費用はかからないということで、禁煙に成功することでさらに経済的なメリットを得られるようになります。

長野県外来でも使用されている禁煙補助薬の成功率は、12週間最後まで続けた場合は約50パーセントと報告されています。つまり、半数程度が成功できるということで期待が持てる内容です。ただし、長野県外来でも使用されている禁煙補助薬は、精神的依存に対しての効果はありません。このために、タバコを止めるという強い意志の力もある程度は必要です。

精神的依存とは、食後に一服するなどの習慣となっている行動のことで、無意識のうちに行ってしまうことが良くあります。このために、禁煙中はタバコを近くには置かない様にするなどの工夫が必要です。